あちらこちらバイクツーリング裏道

バイクツーリング、キャンプツーリングなど。

福島県 市営あだたら高原野営場

無料。インアウトフリー。

本来は役所に届け出とあるが、申告してる人はいないと思う。

 冬季は水道使えないがトイレ汲み取り式なので自己責任で年中幕営出来る。

 

道路を挟んで向かいにスカイピア安達太良なる温泉施設があるが、お断りの張り紙有。

レストラン併設だが基本ランチのみの営業時間。(夕方まで。)

歩けなくはないと思う。道路の向かいだがスカイピア安達太良の敷地が広く、高低差もあり、歩く気はしない。(バイクなら1、2分の距離感)

近隣の岳温泉に入れる所があるかもしれないが、利用したことはない。岳温泉にコンビニが1件だけある。ファミマだったかな?

 

突発のキャンプや中継に使えるが快適を求めるキャンプ場ではない。バイク乗りは多い。

安達太良山からの吹き下ろしが強い事もあるので張り綱は念のためフルペグダウンすることを勧める。ただの原っぱなので風を遮るものが何もない。

 

 

 

長野県 内山牧場キャンプ場

下の管理棟で受付。シーズンオフは荒船荘なる施設で受付。@1000ぐらい。

管理棟でジンギスカンなどが食べられるようだがランチのみ。

 

国道沿いの荒船の湯や他にもあるが、キャンプ場から遠いし、入れる気がしない。

キャンプ場敷地内の荒船荘で風呂を借りられるようだが早い時間限定。

サイトにコインシャワーが数台並んでるのでシャワーで。

 

バイク乗りは基本奥の上の方に設営するようだが、管理棟まではかなりの高低差と距離がある。

 

トータルで見ると少し値段が高い気がするが、ロケーション代と割り切れば満足のいくキャンプが出来る。

滋賀県 ウッディパル余呉

@500ぐらい。

 

キレイなキャンプ場だが結構自然の中。完ソロだったので到着時猿の軍団がサイトを占拠していた。夜も鹿やイノシシの気配は濃厚だった。

 

レストランも有るようだが個人の利用は出来ない。

管理棟にシャワー有。

受付時に申し出て精算。

コイン式では無い。

石作りの家族風呂(運用はしてない様子)のシャワーを利用。3基並んでいる。

シャワーの温度が上がらないので冬はちょっと厳しい。3基あるシャワーの給湯器に近いシャワーを利用。

 

冬季は岐阜と余呉間の峠が通行止。

 

滋賀県 マキノ高原キャンプ場

関西圏屈指のキャンプ場。

 

キャンプ場のサイトはかなり広くバリエーションも豊富。@1000ぐらい。

 

広大な施設内に温泉施設があるが、当然アウトローお断り。

同じ建物にレストランが併設されていて、とくにフロントを通す必要無く入れる。

メニューは豊富。ただ食券式なので生ビールの追加の度に席を立つ必要があって面倒。

キャンプ場受付棟の裏にコインシャワーが有るのでアウトローでも問題ない。

 

これほど設備が纏まってるキャンプ場はなかなか無い。貴重な存在。

岩手県 龍泉洞青少年旅行村キャンプ場

@500ぐらい。

 

龍泉洞へ徒歩で行ける。

お土産屋等のレストランは夕方には閉まるので、基本的にランチ以外の食事は出来ない。

 

最寄りのコンビニは岩泉の街だが、徒歩では行けない。バイクで少し走る。

 

入浴はキャンプ場のシャワーがある。

バイクは受付の横まで乗り入れ可能。

全体的に施設は古い。

 

福島県 休暇村裏磐梯キャンプ場

@1000ぐらい。

 

キャンプ場管理棟にシャワーがあるが、繁盛期のみらしく休暇村の温泉利用しかない。

(要確認。)

フロントで受付して温泉に入る。

確認していないが、お断りの紙は無かった気がする。

 

外来扱いのキャンパーは食事は摂れない。

キャンプ場のサイトと休暇村の施設は多少距離があり、熊の生息地帯なので徒歩は危険。

同じ施設内で公道に出るわけでは無いので自己責任で。

キャンプして温泉利用だと2000円超えるのであまり利用価値は無い。

オートとフリーサイトは隔離されてるので居心地は悪くない。トイレwashレット。

 

 

長野県 松原湖キャンプ場

@1000ぐらい。

徒歩圏(少し歩く)にレストラン付き温泉施設有。当然アウトローお断り。

フロントで食事のみと告げれば食事のみ可能。メニューは豊富。

入浴はキャンプ場にシャワーがある。(電話確認)シーズン中はシャワーが使えると思う。

 

酒飲みと外食、テント泊。アウトローでも快適に過ごせる数少ないキャンプ場。