バイクツーリング 裏街道

バイクツーリングで使えるキャンプ場など

福島県 芝山自然公園キャンプ場

国道沿いに小さく看板が出ていたと思う。

荒れた舗装路で芝山に向かって登る。

他にもアクセス路は有るようだが未舗装のダート林道。

山頂付近にさほど広くない駐車場があり、汲み取り式の公衆トイレがある。

 

サイトは駐車場から上がった所で乗り入れは相当なテクニックがないと不可能。乗り入れ禁止と看板がある。

サイトまで距離は数十メートル、高低差あり。サイトの区切りは無く、敷地は広いので好きな所を選べる。

 

水場は立水洗のみ。

洗い物等は出来る設備ではない。

 

未舗装林道からサイトにアクセス出来るルートがあるようで、利用当日はジムニー軍団が乗り入れていた。

 

ロケーションは抜群に良い。

 

幹線からは山を登るので、ツーリングで利用するなら微妙。ロケーションを求めるなら行く価値はある。

 

受付や予約など一切必要無い。

開けた山頂なので視界を遮るものは無く、開放的な雰囲気。

 

 

 

宮城県 栗原 花山青少年旅行村

花山青少年自然の家キャンプ場とは別。

こちらは役所系の固いキャンプ場で利用しずらい。

 

 

Googleでは要害キャンプ場と出ている。

テニスコートや野球場などの複合施設の一画がキャンプサイト

周辺ロケーションはかなり良い。

 

コンビニ的な個人商店が近くにあり、多少の食品飲料等は置いてあるが、麓の街で用意してきた方が無難。

周知されていないのか、夏のオンシーズンだったが客の姿は見えなかった。

 


f:id:sumi-rider-ver:20180424210017j:image

管理棟にシャワーとランドリー完備。

基本的に予約制だが、当日でも受け付けてくれるようだ。

 

長野県 長和町ミヤシタヒルズキャンプ場 

重要幹線国道から至近。

県道をビーナスライン方向に走れば右側に看板が見える。

 

場内は砂利ダート。奥のサイトの場合勾配もあるので注意。

シャワー完備しているが利用していないので詳細不明。

バイク料金設定あり。

 

キャンプ場は冬季も営業しているが、アクセス県道のビーナスライン方向は冬季閉鎖

 

国道を北に走った左側にコンビニ有り。

至近に日帰り温泉があるが多分アウトローの方お断りだと思う。食堂が併設されているようだ。

 

 

秋田県 奈曽川河川公園キャンプ場

鳥海ブルーライン秋田側登り口付近。

場所はかなり分かり辛く、紙地図ではたどり着かない。

Googleマップで検索可能。Googleナビに従い集落最奥に向かう。

 

キャンプ場は開けた場所で広い芝地。

小さな管理棟に管理人が居れば必要事項記載。

場所的にも認知度、キャンプ場の広さ的にも混む事は無いと思われる。

 

キャンプ無料。

入浴施設無し、買い出しも近隣には皆無。

 仁賀保高原、西浜が混雑の時は利用価値が高い。

 

現地は熊の気配有り、注意。

 

 

 

栃木県 東古屋湖キャンプ場

栃木県塩谷地区の最奥。

国道4号からは里道を結構入るのでツーリングでは使いづらい。入浴施設等オートキャンプ場的な施設は一切無い。

受付はサイト100メーター程手前の漁業組合窓口。

以前は確か1泊200円程で利用出来たはずだが値上げされたようで、利用価値は大幅に下がった。

管理人も夜間は常駐しておらず、サイトはそれほどのキャパは無い。グルキャン等に遭遇すると安眠出来ないのは必至。

 

ロケーションは悪くない。

 

トイレ水洗だが、絶対数は不足しており混雑時は待ちが発生。

 

閑散期を狙ってキャンプ目的なら有りなキャンプ場だが、ツーリングの寝床にするなら他のキャンプ場を選んだ方が賢明。

少し北の那須界隈の有料キャンプ場や猪苗代湖岸をあたってみるのをすすめる。

費用対効果は低い。

 

 

 

三重県 熊野 小舟キャンプ場

幹線から近い無料のキャンプ場。

トイレと簡易的な流し台がある。

国道からは橋を渡る為、大きく迂回する。

幹線からサイトの様子が目視出来たと記憶している。

 

川沿いの広い芝地がサイト。

徒歩で行ける範囲に何もないが、渡瀬緑の広場や川湯が混んでる場合はこちらの方が安眠出来る。

敷地がかなり広いのでシーズンでも混雑はしないと思う。

 

 

 

青森県 むつ市営川内キャンプ場

下北半島西側。周回する国道のショートカット県道沿い。

車の通りは殆ど無い為、周辺は非常に静か。

川内温泉の奥が本来のサイトだが、熊出没で閉鎖状態。

 

温泉の受付で必要事項を記載すれば、温泉駐車場のグリーンベルトに設営可能。

 

温泉にはお断りの看板は無し。

設営して客の空き具合を見て入浴出来る。

シャンプーや石鹸の類いは無い。

 

南から上がる場合は市街地で買い物出来るが、北からは買い出しポイントはほぼ無い。

 熊の気配は濃厚なので臭いの出る料理等は止めておいた方がいい。

 

トイレや炊事場があるが、道路からは奥に入るため、音を出すなど熊に注意。

 

熊の注意さえすれば、幹線沿いで敷地内温泉は利用価値が高い。

キャンプ無料。