バイクツーリング 裏街道

バイクツーリングで使えるキャンプ場など

長野県 駒出池キャンプ場

幹線道路から遠い。
幹線からは枝道を走り行き止まり。

サイトは広いがほとんどが傾斜地。
空いてる時は平坦地を選べるかも知れないが、ロケーションが良いのでシーズン中は混雑するようだ。

雰囲気のある管理棟と別にサニタリー棟がある。
シャワー有り。

ツーリングの宿営地なら松原湖キャンプ場の方が使える。

長野県 戸隠イースタンキャンプ場

戸隠キャンプ場とは別。

道路沿いに観光案内所があり、戸隠キャンプ場の受付も兼ねているが、イースタンの受付は別の場所。

 

サイトは多少傾斜がある。

広大な敷地だが、林の中にサイトがあるので、展望は開けない。

 

トイレは各サイトに点在してるが、シャワー小屋はキャンプ場入口付近。コインシャワーが数基ある。

 

向かいの戸隠キャンプにも徒歩で行ける。こちらはファミリー向けだが、管理棟に食料品や飲料など置いてある。

蕎麦店やカフェもサイトの奥にあるようだ。

 

 

 

徳島県 恵比須浜キャンプ場

国道沿いの道の駅近くの交差点を海に向かい市街地を通過。突き当たりにビーチがあるが、此処ではない。

脇に登る細道があるので斜め左へ。

キャンプ場案内看板が立っている。

小さな岬を越えて、数件の集落と恵比須浜が見える。

管理棟に管理人の携帯番号が書いてあるので連絡して受付。

乗り入れ自由のフリーサイト。規模は大きくない。

 

管理棟の中にコインシャワー室あり。24時間稼動。倉庫のような広い部屋の奥に一基のみ。

多分夏期の海水浴用。

 

市街地までは徒歩では無理。

距離はさほどではないが、岬のアップダウンがある。

 

 

 

岐阜県 平湯キャンプ場

平湯トンネル平湯側料金所に至近。

国道に案内看板がある。

管理棟は国道の南側、受付して国道を左折、国道を挟んだ北側にキャンプサイト入口。右折レーンが有る。バイクはゲートの右側から進入。

受付時に同じ経営の温泉入浴を聞かれるが、入れない。以前はシャワーがあった気がするが物置小屋しか見当たらず。

平湯の温泉街に入浴可能なところが有るかも知れない。

 

管理棟の並びに「あんきや」なる大規模な食堂が有り、飛騨牛やその他メニューは豊富。

営業時間は夜遅くまで。

 

キャンプ場の料金は少し高い気がしなくもないが、信州と飛騨をつなぐ立地や食堂至近は利用価値あり。

 

 

静岡県 大野路ファミリーキャンプ場

国道469沿い。

同じ敷地に、宿泊施設とレストラン大野路がある。

夜も営業。国道沿いでレストランは独立しているので、普通に外来の食事が可能。

 

キャンプ場内に風呂あり。貸切り利用出来るかは未確認。

富山県 21世紀の森 杉ヶ平キャンプ場

スガダイラキャンプ場。

 

岐阜県側からのアプローチは、R 471楢峠を越えて北に走ると案内看板がある。

富山側からのアプローチは、越中八尾からR471 道なりで大長谷集落の最奥。

キャンプ場は国道から少し上がる。管理棟とテントサイトも標高差がある。

サイトは雛壇状の造りで、棚田の1面が1サイト。

国道沿いに温泉施設と少し離れて食堂あり。

食堂は~17:00で。ジビエやパスタ、ピザなどが食べられるようだ。

温泉施設は小規模で空いている。「お断り」の看板は無し。受付で缶ビールやカップ麺が購入出来る。

共にキャンプ場から徒歩圏内。高低差があるが距離は1000mぐらいか?熊出没注意。

 

キャンプ場内にシャワー有り、無料。デジタル式温度設定機能付き。

トイレ棟の奥に独立してシャワー棟。

 

サイトは乗り入れ不可能だが、駐車場から近い所に張れば不便は感じない。

 

電波は無い。

周辺に商店等何もないので事前の準備を。

 

 

栃木県 鬼怒川温泉オートキャンプ場

国道に日帰り温泉の看板あり、従って入る。

今市側から鬼怒川温泉方面に走り、川を渡る分岐を有料道路方面へ。料金所の手前を右に降りる道路がある。集落を過ぎて、急な坂を降りた突き当たり。

 

受付管理棟に缶ビールやその他もろもろ何でも揃っている。

じいさんとばあさんで運営しているようだ。多分住み込み。

うどんなど軽食は頼めば用意してくれそうだ。基本ランチのみだろうが、メニューが並んでいる。

 

温泉施設は小さい。お断りの紙は無し。

サイトから見えるので、他の客が入ってないのを確認すれば遠慮なく入浴出来る。(閑散期)

繁盛期はバイクソロの利用は薦めない。

(オートなのでファミリー主体)

 

 塩原から奥日光方面や那須辺りのキャンプ場はバイクソロで1500円ぐらいと相場が高め。

 

閑散期、日光 鬼怒川辺りのツーリングのベースとして使うなら幹線から近く立地は良い。市街地にも近く買い物にも困る事は無い。

バイクツーリングでも使えるキャンプ場。

(国道から目視出来るので混み具合を確認してからの利用推奨。鬼怒川温泉街から北に走り、クランク状に橋を渡って登り坂から川の対岸を見下ろすとテントサイト。)