バイクツーリング 裏街道

バイクツーリングで使えるキャンプ場など

山梨県 本栖湖キャンプ場

国道から時計回りに本栖湖に入りすぐの左側全体がサイトで、乗り入れ可。

敷地はかなり広い。

ゴミ捨て可能。専用のゴミ袋を渡され、不燃と可燃の2種の分別。

本栖湖は道路を隔てるので、湖畔サイトではない。

国道からキャンプ場に向かう入り口付近に食堂数件有り。日没までの営業のようだが詳細未確認。食堂の規模は大きい。

ほうとう」などメニューは豊富なようだ。

 

入浴施設やシャワーの有無は未確認。

 

 

 

 

静岡県 もちやキャンプ場

朝霧高原、国道沿い。

国道向かいにコンビニ有り。

もちや自体がドライブインメインなのでレストランも併設。

北へ少し行くと銀座スエヒロ有り、徒歩圏。

 

朝霧高原界隈ではマイナーな存在で劇的に混雑することはないと思われる。

国道沿いなのでロケーションはそれなり。

富士山は見えるが、開けた視界では残念ながらない。

コンビニ徒歩圏内、食堂併設など利便性ではこの界隈唯一。

 

三重県 須原親水広場

勢和多気インターから至近。

国道交点にコンビニ在り。

インアウトフリーの無料キャンプ適地。

敷地はかなり広い。

多目的トイレは洗浄機能付きトイレで、毎日清掃されている気配を感じるほど綺麗に管理されている。

民家も近く、集団で荒れた使い方をすると使えなくなる可能性あり。

 

紀伊半島ツーリングや東西方向、奈良方面にも中継に使える。

 

西に少し走ると入浴施設も有るようだが未確認。

 

東方向国道沿い、勾配はあるがギリギリ徒歩圏内に和食屋(居酒屋)がある。

 

山梨県 西湖西の海キャンプ場

西湖の東岸。

サイトは湖畔と、道路を挟んだ管理人住まいの裏手に展開。

トイレなどもこちらの山手側。

シャワーも有るようだが未確認。

湖畔サイトには何も施設は無い。

 

湖畔サイトは全体的に緩い勾配がついているが、ソロテントなら水平に張れるところもある。乗り入れ自由。

 

東側は山になっているので陽が当たるのは遅い。

至近のコンビニまでは軽い峠を越える必要があり、バイクで15分ほど。

道路に面しているが交通量皆無な為、走行音などは気にならない。

 

通年営業で、管理人宅兼受付が敷地内にあるため常識の範囲で飛び込み可能。

 

 

静岡県 土村キャンプ場

興津川沿いで西里キャンプ適地に至近。

こちらはキャンプ場を謳っていて簡易な流し台がある。蛇口3基。

トイレは水洗。

 

サイトは興津川沿いに長く、100m程にわたる。

手前駐車場近くは三段に展開、上二段は乗り入れ可能。トータルのキャパは50張り以上に及ぶと思われる。

 

サイト奥、興津川上流に向かい砂利道が続いている。ダートは締まっているので車種不問で乗り入れ可能だが、奥に行くほどぬかるんでいる。(走行には支障は無い)

 

無料のキャンプ場故にバーベキュー等の利用や直火、大音量の音楽など無法状態

反面、ゴミの散乱などは見当たらなく、地元で大切に使っているのがうかがえる。

 

上流部の温泉施設に誘導する「のぼり」が立っていて、ここの集客で無料キャンプを黙認していると察する。

 

アクセスは基本的にR52からだが、清水側からも可能。

新東名と東名の連絡路途中の清水いはらICが高速最寄り。

 

幹線国道と高速インターに近く、中継には十分使える。

 

 

静岡県 西里キャンプ適地

興津川沿い。

県道を集落奥に進むと右側に入り口あり。

個人住宅の庭先のような舗装路を入る。

サイトへの乗り入れ不可能。

サイトは広くはなく、20張り程度が限界。

トイレのみの設備。

河原に荷物を運び込めるならサイト以外でも自己責任で、河原から一段上がった平場もある。増水時を考慮して天候等要確認。

 

上流の有料キャンプ場徒歩圏に温泉施設有り。詳細は未確認。

 

長野県 南相木 立原高原キャンプ場

南相木村と川上村を結ぶ県道沿い。

県道に面した広場に管理棟とゴミ捨て場。

管理棟からテントサイトへは勾配を登る。左側からの方がフリーサイトに近いがガレダート登りになるので右側の舗装林道から上がり、オートサイトから入った方が無難。フリーサイトへは20m程のダートが残るが勾配はたいしたことはないので、オン車でも問題ない。フリーサイトに気付かず、行き過ぎると管理棟に向かうガレダート下りになる。重量車は行き過ぎに気付いてもUターン出来るスペースは無いので、一旦下まで降りるしかない。

 

フリーのテント場は山の斜面に整地された所を使用。乗り入れ不可能。バイクは下の通路脇に停められる。

1ヶ所当たりの面積が小さいので2名用テントが限界。

 

オート側にサニタリー棟があり、ガラス張りでキレイに管理されている。

サニタリー棟奥にシャワー棟あり、施錠可能で広い。しかし湯温があがらず、キャンプ場が高地にあるのもあるが、浴びるのに気合いが必要。

キャンプ場から南相木集落方面、バイクで10分程度下った所に日帰り温泉施設があり、食事も出来るようだが詳細未確認。

 

買い物は川上村にこの界隈では大きいスーパー、小海の駅前に商店がある。コンビニは近くには無い。

 

ネットでの情報も少なく認知度も低い為、混雑は想像出来ない。

バイク1名、1380円。

 

設備高規格、ゴミも捨てられる(分別がかなり細かい)